宇連ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宇連ダム
宇蓮ダム
右岸所在地 愛知県新城市川合
位置
河川 豊川水系宇連川
ダム湖 鳳来湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 65.0 m
堤頂長 245.9 m
堤体積 273,000
流域面積 174.0 km²
湛水面積 123.0 ha
総貯水容量 29,110,000 m³
有効貯水容量 28,420,000 m³
利用目的 かんがい上水道工業用水
事業主体 水資源機構
施工業者 西松建設
着手年/竣工年 1949年/1958年
出典 『ダム便覧』宇連ダム
テンプレートを表示

宇連ダム(うれダム)は愛知県新城市にある、豊川水系宇連川に設置されたダムである。

概要[編集]

愛知県東部、いわゆる「東三河」はかつて旱魃に悩まされていた。そこで豊川用水が国営事業として計画され、終戦直後の1949年に事業に着手した。その水がめとなる宇連ダムは1958年昭和33年)12月に完成し、せき止められた人造湖は「鳳来湖(ほうらいこ)」と命名された。

ダム湖には宇連川だけでなく、天竜川水系の振草川大入川から取水された水も流れ込んでいる。少雨時にはしばしば干上がることもあり、生活用水確保のために佐久間ダムから導水してしのいだこともあった。

豊川水系のダムとしては、下流に1961年昭和36年)完成の大野頭首工があり、豊川支流の大島川には2001年平成13年)に完成した大島ダムがある。現在は設楽ダムの建設が計画されており、ダム建設の是非が問われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]