天ヶ瀬温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg天ヶ瀬温泉
天ヶ瀬温泉.JPG
天ヶ瀬温泉街
温泉情報
所在地 大分県日田市
交通 鉄道:久大本線天ヶ瀬駅下車
泉質 硫黄泉単純温泉
テンプレートを表示

天ヶ瀬温泉(あまがせおんせん)は、大分県日田市にある温泉

泉質[編集]

かつては河川敷を掘ればどこでも温泉が湧いたという。触感はさらりとした感触のやさしいお湯。ぬるつきは無い。

温泉街[編集]

玖珠川沿いを中心に約20軒の旅館・民宿が営業。天ヶ瀬温泉では「天ヶ瀬温泉なんでもパスポート」という宿泊施設への立ち寄り湯が可能な湯巡りパスポートを発行しており、あまがせ観光案内所で購入できる。

玖珠川の河原には共同露天風呂が5箇所と旅館所有の露天風呂が2箇所存在する。共同露天風呂は、JR天ケ瀬駅から徒歩約1分程にある「駅前温泉」をはじめ、「薬師湯」「神田湯」「益次郎温泉」「鶴舞の湯」の5箇所。いずれも料金箱に100円を入れて入浴する。どの共同露天風呂も天ケ瀬駅から徒歩約15分以内である。共同露天風呂は温泉街の各自治会が管理しており、掃除のため午後から入浴可能とする共同露天風呂もある。タオル・石鹸は各自持参が原則であり、地元住民も入浴する露天風呂なのでマナーには厳しい。河原にあるため、大雨で川の水量が増えた際は川中に没する共同露天風呂もある。共同露天風呂の他に足湯手湯も存在する。

歴史[編集]

開湯時期は不明。奈良時代に書かれた『豊後国風土記』にその名が登場しており、開湯はそれ以前であると考えられる。『豊後国風土記』には、天武天皇の時代の大地震で温泉が湧出したと記載されている。

筑豊の炭鉱が賑わっていた頃は、炭鉱関係者の保養地として歓楽温泉地的な賑わいを見せていた。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]