大阪日興ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪日興ビル
Osaka Nikko building.jpg
大阪日興ビルの位置(大阪市内)
大阪日興ビル
情報
用途 オフィス
建築主 日興ビルディング
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 1,259.60 m² [1]
延床面積 13,600 m² [1]容積率1080%)
階数 地下3階、地上10階
竣工 1972年6月
所在地 530-0057
大阪府大阪市北区曾根崎2丁目11番8号
座標 北緯34度42分1.3秒 東経135度30分0.4秒 / 北緯34.700361度 東経135.500111度 / 34.700361; 135.500111座標: 北緯34度42分1.3秒 東経135度30分0.4秒 / 北緯34.700361度 東経135.500111度 / 34.700361; 135.500111
テンプレートを表示

大阪日興ビル(おおさかにっこうビル)は、大阪府大阪市北区曾根崎2丁目にあるオフィスビルである。

建築[編集]

大阪市高速電気軌道谷町線東梅田駅近くの御堂筋沿いに、1972年6月に竣工した。地上10階・地下3階建てで、地下ではホワイティうめだに連絡する[2]SMBC日興証券大阪支店[3]などのほか、地下には飲食店等が入居する。当初は日興ビルディングの所有であったが、その後住友生命保険AIGエジソン生命保険ジブラルタ生命保険と所有者が移り、2015年にはオーエス(34%)と阪急電鉄阪神電気鉄道(各33%)が共同で取得した。南側には、オーエスが敷地を所有し阪急阪神ホテルズが運営する「梅田OSホテル」が隣接する[1]

当ビルには地下鉄東梅田駅の7番出口が併設され、ビルの前には近鉄バス「大阪駅前(地下鉄東梅田駅)」停留所が設置されている(2017年4月以降は高速バスのみ停車する[4]が、もとは一般路線バスの停留所として設置)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “【不動産】大阪・梅田の大阪日興ビルを取得/梅田OSホテルと一体的な開発の可能性も/オーエス、阪急、阪神”. 建設ニュース. (2015年7月23日). https://www.constnews.com/?p=14536 2017年4月28日閲覧。 
  2. ^ 大阪駅周辺地区 地下空間浸水対策計画 (PDF)”. 2017年4月28日閲覧。
  3. ^ SMBC日興証券大阪支店”. SMBC日興証券大阪支店. 2017年4月28日閲覧。
  4. ^ ただし、停車するのは1号車のみで、2号車以降の続行便は停車しない。