大谷ダム (熊本県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大谷ダム
大谷ダム
所在地 熊本県阿蘇郡高森町大字野尻
位置
河川 大野川水系大谷川
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 26.1 m
堤頂長 98.6 m
堤体積 37,000
流域面積 53.4 km²
湛水面積 18.0 ha
総貯水容量 2,021,000 m³
有効貯水容量 1,500,000 m³
利用目的 かんがい
事業主体 荻柏原土地改良区
施工業者 溝口組
着手年/竣工年 1934年/1940年
出典 [1] [2] [1]
テンプレートを表示

大谷ダム(おおたにダム)は、熊本県阿蘇郡高森町大野川水系大谷川に建設されたダム大分県竹田市との県境付近に存在する。

概要[編集]

戦前に建設された大規模農業用ダムのひとつ。火山灰の地層で覆われ、水利に乏しかった大分県竹田市荻町に水を引くために建設された。構造は外部コンクリートブロック積、粗石モルタル積、頂部純コンクリート巻立であり、土木学会の「日本の近代土木遺産-現存する重要な土木構造物2000選」にも選定されている。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1976年度撮影)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]