大田女子高生自殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大田女子高生自殺事件(テジョンじょしこうせいじさつじけん)は、2011年12月2日14時30分頃、大韓民国大田広域市西区にある大田屯山女子高校(朝鮮語대전둔산여자고등학교)の1年生がいじめを苦に自宅マンションの14階から飛び降り自殺した事件である。

事件の概要[編集]

普段から争いがあり仲の良くなかった友人(以下、加害生徒)が他の生徒たちを巻き込んで9月から女生徒をいじめさせ、それによって学校生活が苦痛になった生徒は担任教師に相談したが、友達同士の問題には介入しないという回答を受けた。その後で、いじめを担任の先生に告げ口したという理由でいじめグループに報復の暴行を受けた。

自殺現場の14階では"もうす『天国の世界へ』など学校生活が悲惨だったと思われる文が書かれたメモ用紙とバッグ、本、靴が発見された。被害生徒は翌12月3日の朝にアパートの出入口の屋根で死んでいる所を住民により発見された。

個人情報流出[編集]

女生徒をいじめた加害者4人と担任教師の名前や携帯電話番号が調べられてDCインサイドで流布された。生徒の母親は「私たちが望むのはこのような不祥事が2度と起こらないことで、加害者の個人情報を晒すことはしないでほしい」という反応を見せた。

社会的影響[編集]

  • 生徒が自殺する直前にエレベーターで何度も迷っている監視カメラの姿がニュース、インターネットなどのマスメディアで放送された。
  • 生徒のサイワールドのページは無くならずに残っており、ネチズンたちの哀悼の意が続いている。
  • 現在、サイワールドとネイバーに生徒の追悼ページ開設されてネチズンたちの哀悼が続いている。[要出典]
  • 加害生徒達は個人を特定できる情報を流出させられたが、そのため実際には無実の1人が被害を受けた。インターネットに流布している生徒の担任教師の写真は同姓同名の他の教師の写真だった。また、事件とは全く関係のない生徒たちまで中傷メールを送られ、ホームページが荒らされたりした。[1]

後追い自殺[編集]

2012年1月16日に同級生の友達が投身自殺した。彼女は学級委員として警察から事情を聞かれており、友人を守ることができなかったと悩んでいた。[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 여고생 자살 신상털기 2차 피해 잇따라 동아일보 / 2011.12.24
  2. ^ 大田(テジョン)自殺女子高生の友人まで自殺2012年01月17日 ハンギョレ新聞 - livedoorニュース
  3. ^ 대전 자살 여고생 친구도 자살2012.01.17 한겨레 뉴스

関連項目[編集]