大渓文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大渓文化
各種表記
繁体字 大溪文化
簡体字 大溪文化
拼音 Dàxī Wénhuà
発音: ダーシー ウェンフア
日本語読み: だいけい ぶんか
英文 Daxi Culture
テンプレートを表示

大渓文化(だいけい-ぶんか)は中華人民共和国重慶市及び湖北省から湖南省三峡周辺及び両湖平原紀元前5000年頃から紀元前3000年頃にかけて存在した新石器時代の文化。標式遺跡である重慶市巫山県瞿塘峡で発見された大渓遺跡から命名された。大渓文化は同地域で発展した城背渓文化から発展し、屈家嶺文化へと継承されたと考えられている。その他の代表的な遺跡には、湖南省常徳市澧県城頭山遺跡がある。

大渓遺跡は1920年代にアメリカの考古学者ネルス・C・ネルソン(Nels C. Nelson)が土器片などを発見し、1959年以降数度にわたって大規模な発掘がなされ、1970年代以降独自の新石器文化として「大渓文化」と呼称されるようになった。大渓遺跡を含む大渓文化の主要な遺跡は三峡ダム建設による水没などで失われている。

大渓遺跡からは焼成温度の比較的低い陶器である紅陶が多く出土し、そのほか皿や円筒形の壷なども発見されている。またの栽培も大規模に行われ、竹編みの泥壁のある家屋や、環濠集落なども発見されている。

大渓文化は、長江下流のデルタ地帯との文化の交流があったことがわかっている。白い皿などの遺物は、太湖周辺の馬家浜文化の遺跡からも発見された。逆に、大渓文化の遺跡から発見されたヒスイの玉などの遺物は、馬家浜文化の影響を受けた可能性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]