城頭山遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

城頭山遺跡(じょうとうざんいせき)は、中国新石器時代大溪文化から石家河文化にかけての城跡。湖南省常徳市澧県に位置する。遺跡の年代は6500年あまり前で、中国最古の城跡とされる。保存状態の良好な水田跡や最古の祭壇跡が発見されている。長江文明の形成や稲作農業の発展を解明する上で学術的価値は高い。1996年、遺跡は中国国務院により全国重点文物保護単位に指定された。