大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館(だいとうぶんかだいがくビアトリクス ポターしりょうかん)は埼玉県東松山市岩殿の埼玉県こども動物自然公園内にあるビアトリクス・ポターの資料館である。大東文化大学が運営している。

『ピーターラビットのおはなし』よりピーターと家族

概要[編集]

ピーターラビットのおはなし」「こねこのトムのおはなし」「ひげのサムエルのおはなし」などの絵本で知られる童話作家のビアトリクス・ポターの資料を展示する資料館で、建物はポターが経営したイギリス湖水地方国立公園にあるヒル・トップ農場を、埼玉県こども動物自然公園内の敷地内に忠実に再現し、2006年4月に開館したものである。

開館から4年7ヶ月の2010年11月14日(埼玉県民の日)で10万人目の入館者を迎えた[1]

大東文化大学との関係[編集]

大東文化大学図書館・英米文学科が所蔵する世界的にも類を見ないコレクションの中から、特に貴重な書籍、原画、直筆手紙などを一般公開している。
また、大東文化大学はPETER RABBIT Go Green Projectをサポートしている。このプロジェクトは「自然と人間と動物の共存」をキーワードに、企業・個人の枠を超えて「自然のためにできること」を実践していくものである。大東文化大学は当プロジェクトに賛同するサポーター団体として、環境保護活動を展開しているイギリスNational Trustに対し、ビアトリクス・ポター資料館入場料の一部を寄付している[2]

所在地・連絡先[編集]

  • 住所:埼玉県東松山市大字岩殿554(公園管理事務所)

料金[編集]

  • おとな(高校生以上) 200円(30人以上の団体は、ひとり100円)
  • こども(小・中学生) 100円(30人以上の団体は、ひとり50円)
    • 小学校就学前児童は無料

※ 別途、埼玉県こども動物自然公園の入園料が必要。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ビアトリクス・ポター資料館入場者が10万人を突破! : イギリスが生んだ文化遺産を展示 「大東文化大学 ビアトリクス・ポター資料館」” (2010年11月15日). 2011年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。
  2. ^ 大東文化大学ガイドブック CROSSING2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度59分56.3秒 東経139度22分28.4秒