大崎節郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大崎 節郎(おおさき せつろう、1933年3月6日 - )は、日本のプロテスタント神学者東北学院大学名誉教授。

島根県生まれ。1958年東京神学大学組織神学大学院修士課程修了。のちゲッティンゲン大学卒業。東北学院大学助教授、教授、名誉教授。1989年「カール・バルトローマ書研究」で筑波大学文学博士。1991年尚絅学院理事、1999年学院長、同盟評議員。[1]

著書[編集]

  • 神の権威と自由(日本基督教団出版局 1982年)
  • カール・バルトのローマ書研究(新教出版社 1987年)
  • 恩寵と類比 バルト神学の諸問題(新教出版社 現代神学双書 1992年)
  • 光あれ! 説教集(一麦出版社 2007年)

編纂[編集]

  • 改革派教会信仰告白集(全6巻・別巻1 編 一麦出版社 2011年-2013年)

翻訳[編集]

  • ティーリケ『主の祈り 世界をつつむ祈り』(新教出版社 1962年)
  • 『ボンヘッファー選集 第8 説教』(新教出版社 1964年)
  • 『カール・バルト説教選集』3、5(佐藤司郎村椿嘉信共訳 日本基督教団出版局 1992年-1995年)
  • 『ボンヘッファー説教全集 2 (1931-1935年)』(共訳 新教出版社 2004年)
  • 『ボンヘッファー聖書研究 新約編』(浅見一羊長谷川晴子畑祐喜堀光男村上伸森野善右衛門森平太共訳 新教出版社 2006年)

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年