佐藤司郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 司郎(さとう しろう、1946年 - )は、日本基督教団牧師。主に組織神学の専門家で、カール・バルトなどのドイツ語の神学書を多数翻訳した神学者

経歴[編集]

山形県山形市に生まれる。1964年保守バプテスト同盟山形第一聖書バプテスト教会で洗礼を受ける。その後、東北大学文学部哲学科に入学して、哲学を学ぶ。そのころからカール・バルトに影響を受けるようになる。

その後、献身して、東京神学大学大学院に学び、修士課程を修了し、日本基督教団の教師になる。日本基督教団大洲教会の牧師を長年して、1991年に東京都新宿区の日本基督教団信濃町教会の牧師に就任する。その後、教育に転じて、1998年東北学院大学文学部キリスト教学科教授、宗教部副部長に就任する。

著書[編集]

  • 「新しい言葉をもって」
  • 「生ける主に従う-教会の神学を求めて」

論文[編集]

  • 「政治的共同責任の神 学-バルトにおける教会と国家」
  • 「キリスト市支配的兄弟団-バ ルトにおける教会の秩序」
  • 「ナチズムとバルト―バルメン第三項を 巡って」

訳書[編集]

  • 「カール・バルト説教選集1-3,13巻」
  • 「神の存在-バルト神学研究」
  • 「味わい、見よ」
  • 「中断」
  • 「バルト神学入門」

外部リンク[編集]