大島嘉仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大島 嘉仁(おおしま よしひと、1976年10月23日 - )は、日本の経営者。公益財団法人国土育英会代表[1]。株式会社MAGねっとホールディングス代表取締役社長。株式会社ブルーバード代表取締役社長。SFCG(旧:商工ファンド)創業者の大島健伸は父。

来歴・人物[編集]

慶應義塾大学卒業後、三井物産に入社し、その後リーマン・ブラザーズに転職。2008年、アジアン・センチュリー・クエスト・キャピタルを経て、SFCG関連会社に入社し、その後株式会社MAGねっと(後の株式会社MAGねっとホールディングス)代表取締役社長に就任。

2009年、SFCGは民事再生法適用、のち破綻する。2010年6月、父であるSFCG元会長大島健伸が破綻前に同社の資産約418億円について資産隠しを図ったとして民事再生法違反(詐欺再生)と会社法違反、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の容疑で逮捕[2][3]された際、共犯容疑で他2人の役員とともに逮捕されMAGねっとの代表取締役社長を辞任する[4]が、翌7月、処分保留で釈放される[5]。父の大島健伸は起訴されたものの[6]、2014年に東京地裁で一部無罪[7][8][9][10]、2016年に東京高裁で全面無罪[11]の判決が出ている[2][12][13]。2011年、大島嘉仁はMAGねっとホールディングスの取締役社長に再就任[14]。その後、MAGねっとホールディングスは収益環境が悪化して赤字が続き債務超過となって[15]2016年、ジャスダック上場廃止される[16]

経歴[編集]

  • 1989年3月 筑波大学附属小学校卒業
  • 1995年3月 筑波大学附属中学校・高等学校卒業
  • 1999年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1999年4月 三井物産株式会社入社
  • 2004年5月 ニューヨーク大学スターンスクールオブビジネス卒業
  • 2004年8月 リーマン・ブラザーズ証券株式会社入社
  • 2008年2月 アジアン・センチュリー・クエスト・キャピタル入社
  • 2008年8月 株式会社Jファクター入社。株式会社MAGねっと執行役員就任
  • 2008年9月 株式会社MAGねっと(現MAGねっとホールディングス)取締役副社長就任
  • 2008年10月 株式会社MAGねっと(現MAGねっとホールディングス)代表取締役社長就任
  • 2010年6月 会社法違反(特別背任)と民事再生法違反(詐欺再生)の容疑で逮捕
  • 2010年7月 上記容疑に関し不起訴処分で釈放

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 法人概要 | 公益財団法人 国土育英会
  2. ^ a b INC., SANKEI DIGITAL (2016年3月28日). “商工ローンSFCG元会長に全面無罪 1審一部有罪判決覆る 「元部下の証言信用できない」と東京高裁” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/affairs/news/160328/afr1603280021-n1.html 2018年6月21日閲覧。 
  3. ^ “優良資産、親族会社へ集中 SFCG資産隠し事件” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2010年6月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1703P_X10C10A6CR8000/ 2018年6月21日閲覧。 
  4. ^ “MAGねっとホールディングス社長に小森氏” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2010年6月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1609V_W0A610C1000000/ 2018年6月21日閲覧。 
  5. ^ “SFCG資産隠し、元会長の長男ら3人は処分保留” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2010年7月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG07041_X00C10A7CC1000/ 2018年6月21日閲覧。 
  6. ^ “SFCG資産流出 大島被告無罪を主張 「適正価格で譲渡」=続報注意” (日本語). 「ヨミダス歴史館」. (2011年1月28日) 
  7. ^ 民事再生法違反(詐欺再生)罪と会社法違反(特別背任)罪を無罪
  8. ^ “SFCG資産流出、東京地検が控訴断念 「覆すのは困難」” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2014年5月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1405M_U4A510C1CC1000/ 2018年6月21日閲覧。 
  9. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2014年4月30日). “SFCG資産流出事件、元会長に一部無罪 東京地裁” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/affairs/news/140430/afr1404300009-n1.html 2018年6月21日閲覧。 
  10. ^ “詐欺再生「無罪」 控訴断念 SFCG元会長 猶予判決確定へ=続報注意” (日本語). 「ヨミダス歴史館」. (2014年5月15日) 
  11. ^ 電磁的公正証書原本不実記録・同供用についても無罪
  12. ^ “SFCG元会長 全面無罪 虚偽登記 2審逆転” (日本語). 「ヨミダス歴史館」. (2016年3月29日) 
  13. ^ “MSFCG元社長、全面無罪「証言と事実不整合」東京高裁判決(2016.03.29)” (日本語). 「朝日新聞社 聞蔵II」 
  14. ^ “MAGねっとホールディングス、赤字続く” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2011年5月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXNMS807306ENV20C11A5000000/ 2018年6月21日閲覧。 
  15. ^ “MAGねっとホールディングス、債務超過” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2015年8月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXLMS8073H9MAX10C15A8000000/ 2018年6月21日閲覧。 
  16. ^ “東証、MAGHDの上場廃止を決定 8月1日付” (日本語). 日本経済新聞 電子版. (2016年6月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HAV_Q6A630C1000000/ 2018年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]