大山街道ふるさと館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大山街道ふるさと館
Kawasaki's Municipal Oyama Road Historical Museum
川崎市大山街道ふるさと館前景
施設情報
正式名称 川崎市大山街道ふるさと館
収蔵作品数 約?点(平成25年度)
来館者数 41,320人(平成24年度)
事業主体 川崎市[1]
管理運営 川崎市大山街道ふるさと館共同運営事業体[2]
年運営費 23,007千円(平成25年度の指定管理料)
建物設計 川崎市建築局, 富永譲+フォルムシステム研究所
開館 1992年8月1日
所在地 231-0021
神奈川県川崎市高津区溝口3-13-3
位置 北緯35度36分11.94秒 東経139度36分45.79秒 / 北緯35.6033167度 東経139.6127194度 / 35.6033167; 139.6127194
公式サイト http://furusatokan.web5.jp/
プロジェクト:GLAM

大山街道ふるさと館(おおやまかいどうふるさとかん、Kawasaki's Municipal Oyama Road Historical Museum)は、神奈川県川崎市にある川崎市における脇往還の一つである大山街道に係る歴史、民俗等に関する資料及び郷土にゆかりのある人の美術、文学等の作品等の展示を行うとともに、市民に学習の場を提供し、もって市民の文化の発展に寄与することを目的にする博物館である。1992年8月開館。旧高津町役場跡地に建設された[3]

概要[編集]

一階と二階に展示スペースがあり、郷土にかかわる資料やゆかりのある美術・ 文学作品や、郷土史研究家の資料・著書、高津区内の市民の作品などが展示されている。

三階にはイベントホール、和室、第1・第2会議室がある。

開館時間は、9時30分から21時30分(展示室は10時00分から17時00分)

休館日 12月28日から1月4日

収蔵品と展示[編集]

隣地が生家である濱田庄司の「柿釉白掛鉢」(大正15年前後)などが展示されている。

館の入口には、伊豆石で作られた高幡不動尊道の道標が展示され、その左側面には「西 大山道 文政十二 巳 丑年 三月吉日」と刻まれている。二子村の石工、小俣松五郎の作と考えられている[4]

刊行物[編集]

川崎市大山街道ふるさと館活動報告書(平成25年度)[5]

交通アクセス[編集]

  • 鉄道
    • JR南武線 武蔵溝ノ口駅 徒歩7分
    • 東急田園都市線/大井町線 溝の口駅 徒歩7分
    • 東急田園都市線 高津駅下車 徒歩5分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川崎市大山街道ふるさと館条例
  2. ^ 川崎市公報 第1644号(平成26年2月10日)220ページ
  3. ^ 神奈川新聞 2013年9月10日付紙面「ひらめきの道 大山街道」
  4. ^ 川崎市大山街道ふるさと館『訪ねて楽しい大山街道』2012年、3頁
  5. ^ 川崎市大山街道ふるさと館 『川崎市大山街道ふるさと館活動報告書(平成25年度)』。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]