大山真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大山真人(おおやま まひと、1944年(昭和19年)5月13日 - )は日本ノンフィクション作家山形県山形市出身。高齢者問題を中心に活動中。

経歴[編集]

早稲田大学第一文学部卒業。卒業後は、学習研究社に入社。主に女性雑誌、音楽雑誌の編集を手掛ける。学習研究社を退社後、ノンフィクション作家として数々の著書を刊行[1]

2008年、高齢者が気軽に訪れる事ができる「居場所」を作る運動として「幸福亭」を開設、主宰[2]

2011年4月、統一地方選挙所沢市議会議員選挙(定数36)に無所属で立候補し、46名中45位で落選した[3]

2013年3月、著書『騙されたがる人たち』で、詐欺問題のプロでありながら、自ら振り込め詐欺に騙され、被害者になったことを告白。「騙されるほうにも問題がある」と警鐘を鳴らした[4]

著作[編集]

  • 『高田瞽女最後』1983年1月 音楽之友社
  • 『文ちゃん伝 出羽ケ嶽文治郎と斎藤茂吉の絆』1986年8月 河出書房新社
  • 『S病院老人病棟の仲間たち』1988年5月 文藝春秋社(テレビドラマ化)
  • 『ビリー・ホリデイ 汚辱と苦悩を歌う女』1992年7月 メディアファクトリー
  • 『ヒッチコック 偏執狂的サスペンス講座』1992年12月 メディアファクトリー
  • 『ちんどん菊乃家の人びと』1995年12月 河出書房新社
  • 『老いてこそ二人で生きたい』1993年12月 大和書房
  • 『取締役総務部長 奈良坂龍平』1998年5月 読売新聞社
  • 『銀座木村屋あんパン物語』2001年7月 平凡社 ISBN 978-4582850994
  • 『夢のある「終の棲家」を作りたい』2002年5月 大和書房
  • 『悪徳商法』2003年6月 文藝春秋社
  • 『宝くじ戦争』2005年3月 洋泉社
  • 『楽の匠』2005年3月 音楽之友社
  • 『昭和大相撲騒動記 天龍・出羽ヶ嶽・双葉山の昭和7年』2006年9月 平凡社 ※この作品以降「大山眞人」名義
  • 『団地が死んでいく』2008年4月 平凡社
  • 『騙されたがる人たち 善人で身勝手なあなたへ』2013年3月 講談社

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大山まひとオフィシャルウェブサイト「プロフィール」 2013年5月20日閲覧。
  2. ^ 大山まひとオフィシャルウェブサイト「実績/活動紹介」 2013年5月25日閲覧。
  3. ^ 「ネットアイビーニュース」大さんのシニア・リポート~「暴走老人」の選挙戦、かく戦えり(1)
  4. ^ 詐欺問題のプロをも騙す 最新「振り込め詐欺」の手口とは? 2013年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]