大山功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大山功(おおやま いさお、1904年8月5日-1993年8月)は、日本の演劇評論家

来歴[編集]

岡山市生まれ。1932年早稲田大学文学部演劇学科卒、『藝術殿』『東宝』『日本演劇』『演劇界』などの雑誌編集のかたわら演劇評論を行う。45年戦災で山形県へ疎開。文筆活動を続け、74年『近代日本戯曲史』で河竹賞受賞。山形県嘱託。

著書[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 「真山青果」著者紹介文