大場謙吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大場 謙吉(おおば けんきち、1942年2月15日 - )は、関西大学工学部教授バイオメカニクス分野の研究者である。

略歴[編集]

  • 1942年2月:広島県因島市にて生まれる。
  • 1960年4月:大阪大学工学部造船学科に入学する。
  • 1964年3月:大阪大学工学部造船学科を卒業する。
  • 1969年3月:同大学院博士課程(超高温理工学研究施設)単位習得退学後、同大学助手となる。
  • 1973年9月:「電子ビーム蛍光法を基準測定法として用いた高速イオンゲージの研究」にて工学博士の学位を取得する。(大阪大学)
  • 1980年4月:関西大学工学部助教授を経て1988年4月に同大学教授となり現在に至る。
  • 2012年3月:関西大学工学部にて最終講義を実施。

言葉[編集]

  • 座右の銘は「工学とは、人間の役に立つ知識と物を創る科学である」。
  • 「Evolution is much better than revolution」=「進化は革命に勝る」

著書[編集]

外部リンク[編集]