大垣隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大垣 隆
おおがき たかし
生年月日 (1943-05-12) 1943年5月12日(76歳)
出身校 産業能率短期大学卒業
前職 国分寺町職員
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2006年2月12日 - 2006年6月26日

当選回数 2回
在任期間 2001年7月22日 - 2006年1月9日
テンプレートを表示

大垣 隆(おおがき たかし、1943年5月12日[1] - )は日本政治家国分寺町長を2期、下野市長を1期務めた。

経歴[編集]

産業能率短期大学卒業[1]1962年昭和37年)国分寺町役場に入庁[1]2001年平成13年)3月、町役場を退職[1]。同年7月の国分寺町長選挙で初当選[1]2005年(平成17年)に無投票で町長に再選[2][3]2006年(平成18年)1月10日、国分寺町が南河内町石橋町と新設合併し下野市が発足したことに伴い町長を失職した。

2006年2月5日に告示された下野市発足に伴う市長選挙では大垣以外に立候補の届け出がなく大垣は無投票で市長に初当選する[4]。ところが、同年4月の市議会議員選挙の際に候補者陣営を回って「陣中見舞い」と称して現金を渡していたことが同年6月に明らかになり公職選挙法(寄付行為の禁止)に抵触する行為として問題になる[5]。大垣は市議会で謝罪し同月26日に市長を辞職した[6]

その後、2010年(平成22年)7月11日に行われた下野市長選挙に立候補するが、現職の広瀬寿雄に敗れた[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 町広報誌『ザ国分寺』平成13年8月号、国分寺町
  2. ^ “国分寺町長選 大垣氏が無投票再選”. 下野新聞: p. 1. (2005年6月29日) 
  3. ^ “来年の合併まで町政発展尽くす 大垣町長2期目登庁”. 下野新聞: p. 10. (2005年7月23日) 
  4. ^ “下野市長選 大垣氏が無投票当選 前国分寺町長、融和を強調”. 下野新聞: p. 1. (2006年2月6日) 
  5. ^ “下野市長 市議候補に現金 陣中見舞い8陣営16万円 「法犯した」辞職示唆 県警捜査へ”. 下野新聞: p. 1. (2006年6月14日) 
  6. ^ “大垣・下野市長が退職 議会で謝罪、経緯説明”. 下野新聞: p. 3. (2006年6月27日) 
  7. ^ “下野市長に広瀬氏再選 接戦2000票差、大垣氏破る”. 下野新聞: p. 20. (2010年7月12日) 
先代:
若林英二
国分寺町長
第5代:2001年 - 2006年
次代:
下野市の発足に伴い廃止
先代:
-
下野市長
第1代:2006年
次代:
広瀬寿雄