大前千代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
アーチェリー
パラリンピック
1980 女子ダブルFITAラウンド N. p.
陸上競技
パラリンピック
1980 女子スラローム4

大前 千代子(おおまえ ちよこ、1956年1月2日 - )は広島県出身の障害者スポーツ選手で、アーネムパラリンピック金メダリスト(アーチェリー)および同大会銅メダリスト(陸上競技)。このほか、パラリンピックには車いすテニスアトランタシドニーアテネ北京の4大会に連続出場、うちアテネ大会で日本女子では最高となる女子ダブルス4位の成績をおさめた。

人物[編集]

呉市に生まれる。1歳半でポリオを発症、下半身麻痺となった。幼少期に両親とともに大阪へ転居、養護学校から佛教大学へ進学、社会福祉を学びながら肢体不自由児のボランティアにいそしんだ。

大学卒業後に大阪市長居障害者スポーツセンターアーチェリーに出会う。1980年、アーネムパラリンピックのアーチェリー(女子ダブルFITAラウンド・ノービス対麻痺者)で金メダル、陸上競技(女子スラローム4)で銅メダルを獲得した。[1][2]

結婚、出産、育児を経て31歳で車いすテニスに転向し、1994年、飯塚国際車いすテニス大会で優勝。1996年のアトランタパラリンピック、2000年のシドニーパラリンピックの女子シングルスおよび女子ダブルスに出場した。[3][4][5][6]

車いすテニスにおけるパラリンピック自己最高順位は、八筬美恵と組んで出場した2004年のアテネパラリンピックにおける女子ダブルス4位であり、これは日本女子の最高順位ともなっている。[7][8][9][10]国際テニス連盟(ITF)車いすテニスランキング上位選手のみが出場できるNEC車いすテニスマスターズには1998年、2001年-2003年に、全豪オープンクラシックエイトにも2002年-2004年にそれぞれ出場した。大阪車いすテニス協会会長、日本車いすテニス協会副会長を務める。

主要大会獲得タイトル[編集]

女子シングルス[編集]

[編集]

  1. ^ International Paralympic Committee. “Arnhem 1980 Paralympic Games: Archery: Women's Double FITA Round Novice paraplegic” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  2. ^ International Paralympic Committee. “Arnhem 1980 Paralympic Games: Athletics: Women's Slalom 4” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  3. ^ International Paralympic Committee. “Atlanta 1996 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Singles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  4. ^ パートナーは北本佳苗。International Paralympic Committee. “Atlanta 1996 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Doubles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  5. ^ International Paralympic Committee. “Sydney 2000 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Singles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  6. ^ パートナーは川島徳江。International Paralympic Committee. “Sydney 2000 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Doubles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  7. ^ International Paralympic Committee. “Athens 2004 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Singles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  8. ^ パートナーは八筬美恵International Paralympic Committee. “Athens 2004 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Doubles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  9. ^ International Paralympic Committee. “Beijing 2008 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Singles” (英語). 2008年11月23日閲覧。
  10. ^ パートナーは堂森佳南子。International Paralympic Committee. “Beijing 2008 Paralympic Games: Wheelchair Tennis: Women's Doubles” (英語). 2008年11月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]