八筬美恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八筬 美恵(やおさ みえ、1970年5月21日 - )は福島県出身の車いすテニス選手。千葉県在住。

来歴[編集]

東白川郡棚倉町出身。県立棚倉高校2年だった1988年、交通事故で脊髄を損傷し車いす生活となる。

1991年にリハビリテーションとして車いすテニスに出会う。東京の三鷹市役所に勤務していたが2000年に退職し、夫と千葉県流山市に転居し本格的に練習を始める[1][2]。2002年の釜山フェスピックで女子ダブルスで金メダル、シングルスで銅メダル[3]、2004年のアテネパラリンピックではダブルスで4位の成績をおさめた。2006年、クアラルンプールで開催されたフェスピックではダブルスで銀メダル、シングルスで銅メダルを獲得している[4]

主要大会獲得タイトル[編集]

女子シングルス[編集]

女子ダブルス[編集]

[編集]

  1. ^ 福島中央テレビ (2004年11月12日). “車いすテニスの八筬美恵さん 北京でメダル獲得を”. FCTニュース. 2007年12月12日閲覧。
  2. ^ 流山市 (2004年6月19日). “アテネパラリンピック競技大会日本代表”. 市長室. 2007年12月12日閲覧。
  3. ^ 流山市 (2003年2月1日). “第8回釜山フェスピック競技大会”. 広報ながれやま. 2007年12月12日閲覧。
  4. ^ 日本車いすテニス協会 (2006年11月29日). “フェスピック結果”. 車いすテニス通信. 2007年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]