大伴狭手彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大伴狭手彦(『前賢故実』より)

大伴 狭手彦(おおとも の さてひこ[1]、生没年不詳)は、6世紀中頃(古墳時代後期)の豪族。「佐弖彦」「佐提比古郎子」などとも表記される[1]

カバネ大伴金村の子で、『新撰姓氏録』によれば道臣命大伴氏祖)の十世孫とされる。

経歴[編集]

日本書紀』によれば、宣化天皇2年(537年?)10月、新羅任那を侵攻したため、朝鮮に派遣されて任那を鎮めて百済を救った[2]。また同書によると、欽明天皇23年(562年?)8月、大将軍として兵数万を率いて高句麗を討伐、多数の珍宝を獲て帰還したという(一本には欽明天皇11年(550年?)とする)[3]

これらとほぼ同様の伝えは『日本三代実録』貞観3年(861年)の記事にも見えており、狭手彦の献じた高句麗の囚が山城国の狛人の祖となったという[4]

そのほか、『肥前国風土記』松浦郡条、『万葉集』巻5には、狭手彦と弟日姫子(松浦佐用姫)との悲話が載せられている[1]

後裔氏族[編集]

新撰姓氏録』には、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 神別 左京 大伴連 - 道臣命十世孫の佐弖彦の後。
  • 神別 左京 榎本連 - 道臣命十世孫の佐弖彦の後。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大伴連狭手彦(古代氏族) 2010年.
  2. ^ 『日本書紀』宣化天皇2年10月条。
  3. ^ 『日本書紀』欽明天皇23年8月条。
  4. ^ 『日本三代実録』貞観3年8月19日条。

参考文献[編集]

関連項目[編集]