大久保一丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大久保 一丘(おおくぼ いっきゅう、生年不明 - 安政6年11月10日1859年12月3日))は、日本江戸時代後期から末期にかけて活動した絵師。諱は好古、好徳。は敏夫。通称は惣次郎。別号に伯隣、王江蘋。

遠江国横須賀藩御用絵師として活躍した地方画家であるが、20点ほど残る「真人図」と称される洋風人物画で後世の注目を集めた。

略歴[編集]

生まれた歳は不明だが、天明年間頃だと推測される。作画期は文化から安政年間、横須賀藩(現在の静岡県掛川市)主・西尾忠善に召され、お抱え絵師として活躍した。遺品の大半は円山・四条派を基本とし、中には狩野派大和絵、或いは琳派風の作品もある。しかし一方で、司馬江漢の『吉野紀行』に一丘の名が記されていることから、江漢に学んだ形跡が見られ、桂川甫周門下の蘭学者高森観好と交流、一時養子になっている。安政6年11月10日死去。戒名は等円院一丘露覚居士。享年54とある[1]が、そうすると文化4年(1807年)の年記がある作品が残ることと矛盾する。これは息子の大久保一岳(一世)の没年と混同したためだと見られる。墓は木挽町三丁目の天徳寺中寶瑞院とある[1]が、早くから無縁仏扱いを受けたらしく現在墓石は残っていない。

弟子・子孫[編集]

弟子に町野笠澤など。なお息子とされる大久保一岳(一世)も父に学び、少数だが「真人図」(神戸市立博物館蔵)や「蘭図」など洋風の遺作が残る。また一岳(一世)の弟とも子とも言われる大久保一岳(二世)も、『諸侯登営之図写生』(安政6年(1859年)全6巻、国立国会図書館蔵)のような作品があり、文久元年(1861年)版『江戸現在 公益諸家人名録』に名前が掲載されている。後に柴田是真に学んで人物画を良くし、第一回鑑画会協会や明治17年(1884年)の第二回内国絵画共進会にも出品、明治21年には『諸鳥写生図譜』を出版している。ただ、一岳(二世)という絵師は実際にはおらず、一丘の息子・一岳は、弘化2年(1845年)に生まれ明治24年(1891年)に亡くなっており[2]、明治6年(1873年)の『説教大意』など神道関連の本を出版している、という指摘もある[3]。更に、一丘の娘・一景こと石本藤衛女も『公益諸家人名録』に記載があり、書家あるいは絵師であったことがわかるが、現在その作品は知られていない。

真人図[編集]

「真人図」以外の作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『安政文雅人名録』 安政7年(1860年)2月以降刊
  2. ^ 明治17年の第二回内国絵画共進会の出品人略譜や、結城素明 『芸文化墓所誌』。
  3. ^ 府中市美術館編集・発行 『江戸絵画の19世紀』 2014年3月、p.27。

参考資料[編集]

  • 金原宏行 「洋風画家大久保一丘 ─真人図を中心に─」『古美術』56号、三彩社、1978年12月、所収。同『幕末から明治へのめまぐるしい美術 ─渡辺崋山を中心に』 沖積舎、2002年、所収、ISBN 978-4-8060-4680-6。後にちゅうせき叢書で再版、2006年、ISBN 978-4-8060-7528-8
  • 岡戸敏幸 「伝大久保一丘筆 洋風人物図について」『古美術』87号、三彩社、1988年7月、所収。
展覧会図録
  • 府中市美術館編 『亜欧堂田善の時代』、2006年3月。
  • 常葉美術館編集・発行 『2013年秋季企画展 大久保一丘』、2013年。