大下浩爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大下 浩爾(おおした こうじ、1928年1月18日 - 2015年12月26日)は、広島県出身の実業家マッキャンエリクソン博報堂(現マッキャンエリクソン・ジャパン)社長を務めた。

経歴[編集]

1928年1月18日広島県に生まれる。旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を経て[1]、1954年東京大学法学部卒業。1959年博報堂入社。1961年マッキャンエリクソン博報堂設立メンバーの1人として博報堂から転籍。1964年同社副社長。1967年ハーバードビジネススクールを卒業し、マッキャンエリクソン米国本社勤務を経て、1973年マッキャンエリクソン博報堂代表取締役社長に就任。1984年マッキャンエリクソン米国本社副社長、1995年マッキャンエリクソン博報堂会長となる。1998年退職。2015年逝去。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 修道学園中高同窓会会員名簿第35号92頁

関連項目[編集]