変質者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

変質者(へんしつしゃ)とは、性犯罪を行う者を非難するとき、あるいはストーカー防犯の観点から語るときの蔑称

語源は『退廃・変質」などと訳されるフランス語の dégénéré である。現代の日本では変質者とは行為を非難するときの用語であって、性的指向を非難するときの用語ではない。一部メディアでは「人格障害」に言い換える例もみられるが、これもまた適切とは限らない。

不審者キャンペーンでは防犯会社や強権捜査の利益になっても防犯の効果は薄いとして[1]、犯罪危険箇所のパトロールを行う事例が増えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小宮信夫 『見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか』 青春出版社2015年、28頁。ISBN 978-4413044578

関連項目[編集]