ベネディクト・モレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベネディクト・モレル

ベネディクト・モレルBénédict Augustin Morel 1809年11月22日 - 1873年5月30日)はオーストリアウィーン出身のフランス医学者精神科医。友人の生理学者クロード・ベルナール、ジャン=ピエール・ファルレの影響によって精神医学の研究を始めた。

初めて公式に精神疾患の一つの統合失調症en:schizophrenia、旧名称・精神分裂病)をDémence précoce(「早発性痴呆」)として記述した[1]

また、精神障害者と犯罪者に関して、変質は遺伝によって伝わるというデジェネレッサンス(変質・変質者)論で後世に影響を与えた[2]

著作[編集]

  • Traité des maladies mentales, 1852–1853.
  • Traité des Dégénérescences(デジェネレッサンス、変質論), 1857.
  • Le no-restraint ou de l’abolition des moyens coercitifs dans le traitement de la folie, 1861.
  • Du goître et du crétinisme, étiologie, prophylaxie etc., 1864.
  • De la formation des types dans les variétés dégénérées. Volume 1, 1864.

参考文献[編集]

  • 梅澤礼「精神障害者と犯罪者 : デジェネレッサンス理論の形成過程に関する一考察」、『立命館言語文化研究』第28巻第1号、立命館大学国際言語文化研究所、2016年9月、 281 - 290頁。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brans, Rachel G.H. (2009) (英語) (PDF). The dynamic human brain : Genetic aspects of brain changes in schizophrenia and health. Netherlands: Ipskamp b.v.. pp. p.p.11. ISBN 978-90-393-5095-9. http://igitur-archive.library.uu.nl/dissertations/2009-0709-200410/brans.pdf 2009年12月3日閲覧。. 
  2. ^ 梅澤2016,p.281-2.