壷屋強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

壷屋強盗殺人事件(つぼやごうとうさつじんじけん)とは、1951年1月13日にアメリカ占領下の沖縄那覇市で発生した強盗殺人事件。

事件の概要[編集]

1951年1月13日午後11時45分、那覇市3区6組(現壷屋)のある民家に二人の男が訪れた。二人組の男らは民家で「台湾からメリケン粉果物類を大量に密輸入してあるから売りさばいてくれ」と依頼したが断られた。そして、「警察の目がうるさく旅館に宿泊できないので泊めてくれ」と頼んだが、これも断られた。

すると、いきなり民家のかまどからを取り出し、被害者一家を滅多打ちにした。そして押入れにあった衣服を盗み逃走した。この事件で2人が死亡、1人が重傷を負った。

沖縄群島警察(後の琉球警察那覇警察署は直ちに指名手配をし、事件発生から3日後に犯人たちは逮捕された。

犯人と裁判[編集]

犯人たちは、那覇警察署の留置場で知り合い意気投合した。その後出所して落ち合い、当時商売をやっていた被害者に目を付け、一家皆殺しにして金品を強奪後、日本本土に逃亡する計画を立て、実行に移した。

裁判では両人とも死刑判決が下り上告も棄却されたが、琉球列島米国民政府マーク・W・クラーク民政長官により、無期懲役に減刑された。

参考文献[編集]

  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典・上巻』沖縄タイムス社、1983年
  • 沖縄県警察史編さん委員会編『沖縄県警察史 第3巻(昭和後編)』沖縄県警察本部、2002年

関連項目[編集]