塵取り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちりとりの1例

塵取り(ちりとり)とは、清掃用具の1つであり、通常はとともに用いられる。主に箒で掃き集めたごみごみ箱まで運ぶために用いられる。

製品[編集]

通常は平たいシャベルのような形で、プラスチックまたは金属製のものがある。ごみがこぼれないように蓋がついているタイプのものもある。家庭で使うものは手に持って使うが、業務用のものは腰をかがめ続けなくても使えるように、ちょうつがいのついた棒を持って使うものなどがある。手に持って使う塵取りは通常の大きさの箒や小型の手箒、またはブラシとともに使う。ブラシとセットのブラシ付きちり取りもある[1]

清掃以外の塵取り[編集]

テーブルウェアの一種としてダストパンがある。なお、業務用調理器具としてお好み焼きなど鉄板調理の際に鉄板上の屑を回収するための道具も「チリトリ」という表記で販売されている。

出典[編集]