塩谷安男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩谷 安男(しおのや やすお、1950年8月15日 - 2015年12月)は、日本の弁護士

経歴・人物[編集]

福岡県出身。東京都立日比谷高等学校を卒業後、一橋大学法学部に進学。日比谷高校では同期の内田樹(フランス現代思想研究、神戸女学院大学教授)、橋本昇二(弁護士、元東京高等裁判所判事)らと交流があった[1]。1975年(昭和50年)3月に一橋大学を卒業後、同年10月に司法試験に合格する。1978年(昭和53年)4月には 東京地方検察庁にて検事任官。福岡地方検察庁検事等を経て、1985年法務省法務総合研究所教官。1989年(平成元年)3月に検事退官する。

  • 2003年12月 - 第一東京弁護士会より戒告処分を受ける。
  • 2008年9月 - 大相撲力士大麻問題では、露鵬側弁護士として活動している。
  • 2012年2月 - 第一東京弁護士会より業務停止3ヶ月の処分を受ける。
  • 2015年12月 - 逝去。

関連人物[編集]

  • 露鵬(元大嶽部屋の関取)
  • 白露山(元北の湖部屋の関取、露鵬の弟)
  • 伊倉秀知(元塩谷総合法律事務所所属、「原発メーカー訴訟」弁護団で活動、山本太郎刑事告発代理人、現九段下総合法律事務所代表)

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内田樹 「夜霧よ今夜もクロコダイル-2001年2月」 内田樹の研究室。