塩澤修平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩澤 修平(しおざわ しゅうへい、1955年9月19日[1] - )は、日本の経済学者慶應義塾大学経済学部教授。専門は理論経済学博士経済学)(ミネソタ大学)。

来歴・人物[編集]

東京都出身[2]慶應義塾志木高等学校卒業後、慶應義塾大学経済学部経済学科へ進学。在学中は国際政経研究会に所属[3]。大学卒業後は同大学大学院経済学研究科へ進学し、1980年修士課程修了。

慶大通信教育部長、経済学部長、内閣府国際経済担当参事官を歴任した。

2011年2012年アパグループ主宰の「真の近現代史観」懸賞論文佳作賞を受賞[4]

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • 『現代金融論』(創文社,2002年)
  • 『経済学・入門』(有斐閣,2003年)
  • デフレを楽しむ熟年生活』[講談社,2004年)
  • 『現代ミクロ経済学 中級コース(有斐閣,2006年 玉田康成石橋孝次と共編著)
  • 『説得の技術としての経済学』(勁草書房,2008年)
  • 『基礎から学ぶ ミクロ経済学』(新世社,2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.320
  2. ^ a b c d e f g h i 塩澤修平研究会 - 教授紹介
  3. ^ 学部長に聞く。2~経済学部長 塩澤修平君 慶應塾生新聞 2007年10月17日
  4. ^ アパグループ「真の近現代史観」懸賞論文

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
細田衛士
慶應義塾大学経済学部長
2003年 - 2009年
次代:
小室正紀