堤マサエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堤 マサエ(つつみ まさえ、1948年 - )は、日本の社会学者山梨県立大学国際政策学部名誉教授[1]

滋賀県出身。愛知大学文学部社会学科卒業、東京教育大学(現、筑波大学)大学院文学研究科社会学専攻修士課程修了(文学修士)、大阪大学大学院にて博士号取得(人間科学)。

学歴[編集]

  • 東京教育大学(現、筑波大学)大学院文学研究科社会学専攻修士課程修了(文学修士)。
  • 東京教育大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。
  • 大阪大学大学院にて博士号取得(人間科学)。

職歴[編集]

  • 1976年 山梨県立女子短期大学家政学科専任講師。
  • 1979年 山梨県立女子短期大学家政学科助教授。
  • 1994年 山梨県立女子短期大学生活科学科教授。
  • 2005年 山梨県立大学国際政策学部総合政策学科教授。
  • 2014年 敦賀市立看護大学看護学部看護学科教授。

専門分野および担当科目[編集]

  • 社会学(家族社会学地域社会学、労働社会学)
  • 人間と社会、現代日本社会論、地域社会論、家族社会学、家族関係学、課題演習Ⅱ(地域政策)、卒業研究。

著書[編集]

  • 「家族社会学の展開」 培風館
  • 「日本農村家族の持続と変動ー基層文化を探る社会学的研究」 学文社
  • 「母子の心理・社会学」 日本看護協会出版会
  • 「母性の社会学」 サイエンス社
  • 「変わりつつある家族と家族関係」 ライフサイエンスセンター
  • 「母性保健をめぐる指導・教育・相談」 ライフサイエンスセンター
  • 「地方からの社会学」 学文社
  • 「むらの社会を研究する」 農文協
  • 「むらの資源を研究する」 農文協

所属学会[編集]

  • 日本社会学会(研究活動委員2000-2006)
  • 日本村落研究学会(理事、ジャーナル編集委員)
  • ARSAメンバー
  • 日本家族社会学会(監事)
  • 比較家族史学会

脚注[編集]

  1. ^ https://research-er.jp/researchers/view/177713

外部リンク[編集]