堀田連太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀田連太郎

堀田 連太郎(ほった れんたろう、安政5年4月29日[1][注 1]1858年6月10日) - 大正4年(1915年12月20日[2][注 2])は、日本の衆議院議員進歩党憲政党憲政本党)。農商務官僚

経歴[編集]

信濃国埴科郡松代(現在の長野県長野市)出身[3]開拓使学校を経て、1881年(明治14年)に東京大学理学部採鉱冶金学科を卒業[3]1882年(明治15年)、三菱会社に入り、1896年(明治29年)に退社するまで鉱山長、支配人を務めた[3]1897年(明治30年)、農商務省に入って鉱山技監となり、足尾鉱毒事件に対する予防工事の設計・監督を担当した[3]。その後、製鉄所長官心得、鉱山局長心得を歴任した[1]

1898年(明治31年)、第5回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第9回まで4期務めた。

その他、日本鉱業会社理事、同副会長を務めた[2]。咽喉症のため療養中、東京府豊多摩郡渋谷町中渋谷903の自宅で死去した[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『大正過去帳』79頁では安政4年4月29日。
  2. ^ 『大正過去帳』79頁では12月21日。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 山崎謙『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 堀田連太郎特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11112484700