堀天外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀 天外(ほり てんがい、明治6年(1873年) – 昭和15年(1940年))は、日本実業家俳人漢詩人本名了吉、俳号冷雨[1]

経歴[編集]

鳥取県西伯郡淀江町(現米子市)の谷尾甚三の二男で、境町の堀萬三郎の養子となった[1]

俳句会「蓼(たで)の穂会」創立に参加[1]。漢詩では「第二次鷗社」に参加し、「剪淞吟社」に加盟[1]。実兄の谷尾夢香(範吾)と共に活躍[1]

私家版俳句集『水のあわ』がある[1]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『境港市史』(下巻) 昭和61年、296頁

外部リンク[編集]