堀切直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀切直人(ほりきり なおと、1948年3月20日- )は、日本の文芸評論家

横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部中退。幻想文学、明治以前の日本、唐十郎などについて評論を行っている。

著書[編集]

  • 『日本夢文学志』冥草舎、1979 
  • 『迷子論』村松書館 1981
  • 『水晶幻想 望遠鏡のなかの日本文学』沖積舎 1982
  • 『飛行少年の系譜』青弓社 1988
  • 『日本脱出 男は亡命、女は延命 堀切直人評論集』(<昭和>のクリティック) 思潮社 1991
  • 『大正幻滅』リブロポート 1992
  • 『大正流亡』沖積舎 1998
  • 『唐十郎ギャラクシー』青弓社 1998
  • 『ヨーロッパ精神史序説』風媒社 1999
  • 『野に属するもの』沖積舎 1999
  • 『読書の死と再生』青弓社 1999
  • 『終末からの再出発』沖積舎 2001
  • 『唐十郎がいる唐組がある二十一世紀』(編著)青弓社 2004
  • 『明治の精神史 勝海舟から内村鑑三まで』J&Jコーポレーション 2004
  • 『本との出会い、人との遭遇』右文書院 2004
  • 『浅草 大正篇』右文書院 2005
  • 『浅草 江戸明治篇』右文書院 2005
  • 『浅草 戦後篇』右文書院 2005
  • 渥美清 浅草・話芸・寅さん』晶文社 2007
  • 『新編唐十郎ギャラクシー』(堀切直人コレクション 1) 右文書院 2007
  • 『書遥游』(堀切直人コレクション 2) 右文書院 2007
  • 『新編迷子論』(堀切直人コレクション 3) 右文書院 2008
  • 『原っぱが消えた 遊ぶ子供たちの戦後史』晶文社 2009
  • 『子供たちはみんな表で遊んでた』右文書院 2009
  • 『グレートシフト完全ファイル 真の和の日本人〈トルゥーハーモニー〉たちよ!今こそ地球アセンションをリードしなさい』ヒカルランド 2012 超☆どきどき
  • 寺田寅彦語録』論創社 2012

編纂[編集]

参考[編集]

  • 文藝年鑑