坪内隆彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坪内 隆彦
誕生 (1965-01-16) 1965年1月16日(52歳)
職業 ジャーナリスト
編集者
作家
民族主義運動家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1989年 -
主な受賞歴 佐藤栄作賞(1991年)
デビュー作 『ヤルタの拘束と限界』(1990年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

坪内 隆彦(つぼうち たかひこ、1965年1月16日 - )は、日本ジャーナリスト編集者作家対米自立民族主義運動家。

略歴[編集]

慶應義塾大学法学部卒業。日本経済新聞社記者を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。2004年11月8日マハティール前首相(当時)に、クアラルンプールで単独インタビューに成功。その取材内容(「アジアの巨人 (1) マハティール・ビン・モハマド インタビュー」)は 『わーずわーす』2005年2月号などに掲載された。対米自立の立場から「日本国憲法はアメリカから押し付けられたもの」と自主憲法の制定を提唱し[1]イスラム教勢力の自己主張にも理解を示す(マレーシアではイスラム教が国教)。

月刊日本』編集長、拓殖大学日本文化研究所客員研究員などを務める。大夢館世話人会 代表世話人、崎門学研究会、大アジア研究会顧問。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 憲法のあり方を考える集会@札幌

外部リンク[編集]