地崎宇三郎 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初代地崎 宇三郎(ちざき うさぶろう、明治2年10月17日1869年11月20日) - 昭和11年(1936年4月2日)は、日本の実業家富山県出身。北海道平民[1]土木建築請負[1]地崎組の創業者。東洋コンクリート、小樽定山渓自動車道各(株)社長[2]。鹿の湯温泉旅館(株)代表取締役[2]。広尾電気、渡島海岸鉄道各(株)取締役[2]

家族・親族[編集]

地崎家[編集]

富山県北海道札幌市中央区南4条[2]
  • 妻・いと(富山、岡田粂次郎妹[2]
明治5年(1872年)8月生[2] - 没
明治30年(1897年)1月生 - 昭和26年(1951年)6月没
大正8年(1919年7月生 - 昭和62年(1987年)11月没

参考文献[編集]

  • 高木正雄『北海道建設人物事典』(北海道建設新聞、2008年)

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録. 7版』(大正14年)ち六
  2. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録. 第10版』(昭和9年)下チ八