地図状舌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地図状舌
Fissured geographic tongue.jpg
地図状舌の一例。溝状舌も併存している
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
口腔内科学
ICD-10 K14.1
ICD-9-CM 529.1
OMIM 137400
DiseasesDB 29512
MedlinePlus 001049
eMedicine derm/001049
MeSH D005929
テンプレートを表示

地図状舌(ちずじょうぜつ、geographic tongue)とは、舌背の一部に発生した灰白色の辺縁で縁どられた赤斑が不規則な病巣として広がる口腔粘膜疾患の一つ。自覚症状はほとんどなく、稀にしみると訴えることがある[1]。地図舌(ちずぜつ)とも。

概要[編集]

地図状舌は外傷性および炎症性疾患群に分類され[1]、組織学的には、上皮角化層は好中球リンパ球浸潤によりその多くが破壊され消失する。多くは、上皮全層に渡る好中球・リンパ球浸潤を認め、上皮表層に十数個の好中球浸潤巣として微小膿瘍の形成が見られる。上皮下結合組織には好中球、リンパ球、形質細胞などの炎症性細胞浸潤が認められる[2]溝状舌を併発することが多い[2][1]

原因[編集]

不明である[3][4]。が、溝状舌を合併することが多いため、微生物による刺激が考えられている[4]。このほか、神経性障害自律神経失調症ビタミンB欠乏症など[4]

疫学[編集]

小児や若い女性に多いとされる[3][4]。地図状舌の有病率はHalperinの1953年の調査では11歳~20歳で1.13%、Mikkonenの1982年の調査では17歳~35歳で3.3%であった。日本人では下野らは成人1~8%、幼児3~15%としている[2]他、東北大学の1989年の調査で4.4%であった[1][注 1]

症状[編集]

自覚症状はほとんどなく、稀にしみる[1]など軽度の疼痛を訴えるほか、味覚異常を訴えることもある[4]

治療[編集]

症状がない場合には行われないが、痛みがある場合は対症療法がとられる[4]

追加画像[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当該論文では調査対象者が寄宿生活者だったため栄養の偏りがあり、高い値がでたのではないかと考察している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 高橋ら
  2. ^ a b c 下野ら, pp.62-63
  3. ^ a b 南雲, pp.100-101
  4. ^ a b c d e f 由良, pp.411-413

参考文献[編集]

  • 下野正基野間弘康山根源之田中陽一井上孝『アドバンス・シリーズ 1 口腔外科・病理診断アトラス』下野正基野間弘康山根源之、監修 石川達也内田安信稗田豊治平沼謙二医歯薬出版東京都文京区、1994年8月30日、第1版第2刷。ISBN 4-263-45161-9
  • 高橋紀子・島田義弘「定期歯科検診で検出された某高専校学生における舌疾患の有病状況」『東北大学歯学雑誌』第8巻第1号、東北大学歯学会宮城県仙台市、1989年6月、 19-27頁、 ISSN 0287-39152009年2月15日閲覧。
  • 南雲正男「第2章口腔・顔面の疾患 6.口腔粘膜疾患および類似疾患 7)舌縁および類似疾患」『口腔顎顔面疾患カラーアトラス』佐藤廣白数力也又賀泉道健一山根源之、監修 道健一永末書店京都府京都市、2000年11月26日、第1版、100-101頁。ISBN 4-8160-1099-8
  • 由良義明「6章口腔粘膜 10.舌の病変 1.地図状舌」『口腔外科学』白砂兼光古郷幹彦医歯薬出版東京都文京区、2010年3月10日、第3版、411-413頁。ISBN 978-4-263-45635-4NCID BB01513588


関連項目[編集]