国際連合安全保障理事会決議1483

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議1483
日付: 2003年5月22日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 4761回
コード: S/RES/1483 (UNSCR1483)
文書: 英語 日本語訳

投票: 賛成: 14 棄権: 1 反対: 0
主な内容:
  • CPAの特別の権限を認識
  • 経済制裁の解除を決定
投票結果: 採択(シリアが棄権)

安全保障理事会(2003年時点)
常任理事国

中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

非常任理事国
アンゴラの旗 アンゴラ
 ブルガリア
 チリ
カメルーンの旗 カメルーン
スペインの旗 スペイン
ドイツの旗 ドイツ
ギニアの旗 ギニア
メキシコの旗 メキシコ
 パキスタン
シリアの旗 シリア

国際連合安全保障理事会決議1483(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1483、: United Nations Security Council Resolution 1483)は、2003年5月22日国際連合安全保障理事会で採択されたイラククウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR1483

概要[編集]

国連安保理決議1483は、イラクの復興支援に関する決議で、イラクへの経済制裁を解除するとともに、米国復興人道支援室(Office of Reconstruction and Humanitarian Assistance, ORHA)から発足した連合国暫定当局(Coalition Provisional Authority, CPA)に対し、安保理の占領軍としての特別の権限を承認するもの。CPAの任務を規定し、すべての加盟国に対して復興支援活動への貢献を求めた。決議案は英国スペイン、米国の共同提案として提出され、賛成14:反対0:棄権1(シリアが退席)で採択された。

主な内容[編集]

占領政策に関する決定[編集]

  • 安保占領軍としての米英の特別の権限を認識
  • 国際的に承認された代表政府がイラク国民により樹立され、責務が引き継ぐまでの間、連合国暫定当局(CPA)が権限を行使すると決定し、CPAに対し次を要請。
  1. 安全で安定した状態の回復
  2. イラク国民が自らの政治的将来を自由に決定できる状態の創出
  3. 領土の実効的な施政を通じてイラク国民の福祉を増進すること
  • すべての加盟国に対し、イラクにおける人道、復旧・復興支援、並びに安定及び安全の回復への貢献を要請

復興支援政策に関する決定[編集]

  • イラクに対する禁輸・経済制裁を解除することを決定
  • 石油・食料交換計画(Oil-for-food Program,OffP)の6ヵ月間の延長を決定
  • 事務総長特別代表職(Special Representative of the Secretary-General,SRSG)の新設を要請
  • 国連機関による人道復興援助の調整
  • CPA、SRSGの協働によりイラク暫定政府の発足を支援することを決定
  • イラク開発基金(Development Fund for Iraq,DFI)の設立を承認
  • 開発基金は、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WB)、アラブ経済社会開発基金(Arab Fund)の代表とSRSGによって構成される国際諮問監視理事会(International Advisory and Monitoring Board of the Development Fund, IAMB)によって監査される。
  • USD1億の資金をDFIからOffPに転送することを決定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]