国際稲研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際稲研究所
International Rice Research Institute
標語 より良い世界のための稲科学
(Rice Science For A Better World)
設立年 1960年
種類 国際非営利研究、研修センター
目的 研究調査
本部 フィリピン共和国ラグナ州ロスバニョス (Los Baños)
貢献地域 世界全体
所長
(Director
General)
マシュー・モレル博士 (Dr. Matthew Morrell)[1][2]
予算 9919万米ドル(2014年)[3]
スタッフ
1300名[4]
ウェブサイト www.irri.org (英語)
テンプレートを表示

国際稲研究所(こくさいいねけんきゅうしょ、IRRI, 英語:International Rice Research Institute)は、フィリピンマニラから南東65kmのロスバニョス (Los Baños) に所在する国際農業研究協議グループ(CGIAR)傘下の農業研究機関。以下の記述では、略称IRRIを用いる。

概要[編集]

IRRIはアジアでは最も古く、最大の国際農業研究所である。アジアとアフリカの14カ国に出先機関を置き、イネに関する研究と教育を行う機関である。

1960年にフィリピン政府およびフォード財団ロックフェラー財団の協力によって設立された。IRRIで育成されたイネの品種は名称として、'IR'番号がつけられている。1966年に育成された'IR-8'は、台湾在来品種「低脚烏尖」(Dee-geo-woo-gen/ていきゃくうせん)に由来する半矮性遺伝子を持ち、高収量性を示した。この成果は、コムギ半矮性品種の育成の成果と併せて、「緑の革命」をもたらす元となった。1971年に国際農業研究協議グループが結成されると、その傘下研究機関となった。

IRRIの研究使命は、貧困と飢餓の撲滅、稲作農民と消費者の健康増進、持続可能稲作技術の確立となっている。IRRIの本部は、フィリピン大学ロスバニョス校に隣接し、研究設備・研修宿泊設備・252haの実験圃場を備えている。

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]