国立ソウル顕忠院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国立ソウル顕忠院
Seoul National Cemetery 26th Sanctuary.JPG
国立ソウル顕忠院第26番墓地
各種表記
ハングル 국립서울현충원
漢字 國立서울顯忠院
発音 クンニプソウルヒョンチュンウォン
日本語読み: こくりつソウルけんちゅういん
英語表記: Seoul National Cemetery
テンプレートを表示

国立ソウル顕忠院(こくりつソウルけんちゅういん)は、大韓民国ソウル特別市銅雀区にある国立墓地である。

概要[編集]

この墓地には日本の統治時代における独立運動家や国家功労者、朝鮮戦争ベトナム戦争[1]の戦死者、朴正煕元大統領など歴代大統領が祀られている。2009年5月には新潟日赤センター爆破未遂事件に係わった工作員12名が戦没者として祀られた[2]。 

1955年に朝鮮戦争で戦死した軍人・軍属を埋葬するための国軍墓地として作られ、1965年3月に国立墓地に昇格した。1996年6月に国立顕忠院に名称変更した後、2006年1月に国立ソウル顕忠院となった。現在、顕忠院には16万9千人が眠っており、このうち埋葬されているのは亡骸がある5万4444人である。

安葬対象は『国立墓地の設置及び運営に関する法律第5条第1項』によって決められており、国家元首、愛国、殉国烈士など国の発展のために名誉なことをした人や、国のために命を捧げた将兵などを称える場所である。

日本からは2006年10月9日安倍晋三第1次安倍内閣当時)が内閣総理大臣として[3]、そして2011年10月19日野田佳彦が内閣総理大臣として[4]公式に参拝し献花している。

2014年5月に日帝残滓清算のため、カイヅカイブキ等の日本産樹木を全て韓国産の樹木に植え替えるという計画が国会で承認された[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度29分56秒 東経126度58分19秒 / 北緯37.499度 東経126.972度 / 37.499; 126.972