国弘よう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国弘 よう子(くにひろ ようこ)は日本の司会者で映画評論家。国弘洋右子、国弘洋子、国弘陽子とも表記。

埼玉県出身[1]。高校1年の頃、学校の文化祭のために5人でバンドをつくりヴォーカリストとして活動していたところ、スパイダクション(田辺エージェンシーの前身)から国弘1人だけスカウトされたが「5人一緒じゃないとやりません」と断り、その代わりにザ・テンプターズのファンクラブの運営や機関誌の編集をしていたことがある[2]

1976年から1990年まで、山本直純立川清登羽田健太郎と共にエフエム東京新日鐵アワー・音楽の森」のパーソナリティを担当。1988年にはTBS系のテレビドラマ『ふたり』に出演したこともある[3]。現在はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の選考委員や、日本映画批評家大賞の選考委員と司会者を務める。

映画評論家としては淀川長治の弟子を名乗る[1]。映画ペンクラブ会員。

脚注[編集]