四箇格言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四箇格言(しかかくげん)は、日蓮宗の宗祖日蓮が他の仏教宗派を批判した言葉である。所謂、真言亡国(しんごんぼうこく)、禅天魔(ぜんてんま)、念仏無間(ねんぶつむけん)、律国賊(りつこくぞく)の四つをいう。『諌暁八幡抄』、『御義口伝上』等に書かれている。

概要[編集]

日蓮は、『法華経』を一乗とする立場から、『法華経』に依らない仏教宗派を謗法(誹謗正法の略)だとして批判した。これは『法華経』以前の釈迦が説いた教えは、全て方便で説かれた物であるから成仏する道ではない、という爾前無得道論(にぜんむとくどうろん)に基づく主張で、それを各宗派の教えの特徴に合わせて批判した物である。

真言亡国[編集]

真言宗では、『法華経』などの経典は応身釈迦が説法した物で、『大日経』は法身大日如来が説法した物であるとし「大日如来に比べれば釈迦は無明の辺域であり、草履取りにも及ばない」と説いている。法華経にも一念三千の「理」はあるが、真言という「事」が無いから、『大日経』の方が優れている(理同事勝、りどうじしょう)等と主張している。そして真言宗は天台宗の一念三千を密かに盗み取り、自宗の極理としている。

従って本来の主人である釈迦や『法華経』を卑下し、生国不明の架空の仏で無縁の主である大日如来を立てるから、真言は亡国、亡家、亡人の法で男子が成長しない、という。

禅天魔[編集]

禅宗は、釈迦が華を拈(ひね)り、大衆の中で大迦葉だけがその意味を悟って破顔微笑(はがんみしょう)した。これを拈華微笑(ねんげみしょう)、以心伝心(いしんでんしん)、見性成仏(けんしょうじょうぶつ)といい、それを以って仏法の未来への附属を大迦葉に与えたとしている。『大梵天王問仏決疑経』の中に「正法眼蔵・涅槃妙心・実相無相の法門があり、文字を立てず教外に別伝して迦葉に付属する」との経文通りに承伝してきた。

しかし不立文字教外別伝(ふりゅうもんじ・きょうげべつでん)等と説き、経文を否定している。これは凡夫である自己を過信した仏法を破壊する業(わざ)である。『涅槃経』では「仏の所説に順ぜざる(したがわない)者あれば、当に知るべし、これ魔の眷属なり」と説いている。また偽経である『大梵天王問仏決疑経』等の経典を引用するのは「不立文字」と矛盾相違する行為である。従って禅は天魔の所業である、という。

念仏無間[編集]

日蓮は、浄土経典は釈迦説法の中で方便権教(仮の教え)の部類であるとする。その根拠は『法華経』の開経である『無量義経(ただし偽経)』に「未顕真実[1]」と説かれていること、『妙法蓮華經玄義』や『注無量義經』といった註釈書に、「四十余年未顕真実[2][3]」とあることに基づく。

また阿弥陀如来の因位である法蔵菩薩が立願した48願のうち、第十八願の「設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆誹謗正法」という誓文に背き、『法華経』を誹謗しているとし、この事は『法華経』「譬喩品」に「この経を毀謗する者は阿鼻獄(無間地獄)に入る[4]」と説かれている通りであるから、念仏は無間地獄への法であるとする。

また日蓮は、法然が著した『選択本願念仏集』(『選択集』)』の以下の記述について、念仏以外の自力の修行を非難したものとし、「捨」・「閉 」・「閣」・「抛」の字を抜き出して浄土宗批判の標語「捨閉閣抛」(しゃへいかくほう)とした。「捨閉閣抛」とは、「(法然は、)捨て、閉じ、閣(さしお)き、抛(なげう)って(念仏に帰せ)」と説いたとする意である。また『選択集』は、建久9年(1198年)の作であり、日蓮が生れる以前に完成している書である。

浄土三部経」を根本経典とする法然は、『選択集』において以下のように浄土門・称名念仏を勧めた。

「道綽禅師 立聖道浄土二門 而捨聖道正帰浄土之文[5]」(道綽『安楽集』)を受けて、「凡此集中立聖道浄土二門意者 為令捨聖道入浄土門也(略)[6]」と述べて、華厳経や法華経などの諸経と大乗起信論や十住毘婆沙論などの諸論が浄土往生を明かして、聖道門を捨てて浄土門に入ることを勧めていると指摘している。「往生礼讃云 若能如上念念相続 畢命為期者 十即十生 百即百生 何以故 無外雑縁得正念故 与仏本願相応故(略)[7]」(善導『往生礼讃』)を受けて、「私云 見此文 弥須捨雑修専(略)[8]」と述べ、阿弥陀佛の浄土への往生のための修行の中でも、正行(阿弥陀佛に対する読誦・観察・礼拝・称名・讃嘆供養)とその余の雑行のうち、雑行を捨てて正行の専修を勧めている。

「釈尊不付属定散諸行 唯以念仏付属阿難之文[9]」(『仏説観無量寿経』、および善導『観無量寿経疏』)を受けて、「唯以念仏一行 即使付属流通後世(略)当知 随他之前暫雖開定散門 随自之後還閉定散門 一開以後永不閉者 唯是念仏一門 弥陀本願 釈尊付属 意在此矣 行者応知[10]」と、禅定によって浄土を観想する行(定善)と浄土観によらず上品上生から下品下生の九品の衆生の浄土往生の因となる行(散善)のうちで、最後の下品下生のための散善である称名念仏こそが阿弥陀佛の本意であり、浄土往生のためには称名念仏以外の定善と散善は佛の随自意の法門ではないとして、「一たび開きて以後永く閉じざるはただ是れ念仏の一門、弥陀の本願、釈尊の付属の意はこれにあり、行者応に知るべし」と述べている。

『選択集』の結びで、「計也 夫速欲離生死 二種勝法中 且閣聖道門選入浄土門 欲入浄土門 正雑二行中 且抛諸雑行選応帰正行 欲修於正行 正助二業中 猶傍於助業選応専正定 正定之業者 即是称仏名 称名 必得生 依仏本願故[11]」と、(機根の劣った末法の凡夫が歴劫修行によってではなく)速やかに輪廻を解脱したいならば、(浄土往生が决定しまた阿弥陀佛の浄土に於いて改めて聖道門を行ずるまでの)しばらくのあいだ聖道門を脇に措いて浄土門を撰び、浄土門に入るならば、正行雑行のうち諸々の雑行をしばらくのあいだ抛てて正行を撰び、更にその中でも正業助業のうち正業である称名念仏に専修することを勧めている。

律国賊[編集]

律宗真言律宗を含む)の教えは、釈迦在世の正法時代の法であり、小乗教の250戒などの戒律を根本の教義としている。日本では像法時代の中頃に、衆生の機根を調理する為に広まった物で、個人主義的色彩が強くこれらの戒律は末法の衆生の機根には合わない物であり、現実から遠離した世間を誑惑させる教えである。この様な戒律を説いて清浄を装う律僧は人を惑わし、国を亡ぼす国賊である、という。 また日蓮は教義面だけではなく、当時律宗の代表的な僧侶とされた叡尊・忍性が社会事業の便宜を図る名目で権力者と癒着し、関米徴収権や木戸銭徴収権を得て経済活動を行っていた事についても厳しく批判した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]