四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
場所 日本の旗 日本 三重県四日市市
日付 2004年2月17日
概要 誤認逮捕の結果、老人死亡した。
原因 過剰制圧による高血圧性心不全と不整脈の誘発
死亡者 68歳の男性
賠償 3640万円
民事訴訟 三重県に賠償命令
テンプレートを表示

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件(よっかいちジャスコごにんたいほしぼうじけん)は、2004年2月17日三重県四日市市で発生した誤認逮捕により、68歳の男性が死亡した事件である。

事件内容[編集]

四日市市のジャスコ四日市尾平ショッピングセンター(現:イオン四日市尾平ショッピングセンター)にあるATMコーナーにおいて、68歳の男性が女性の財布を盗んだとして店員や買い物客ら3人に取り押さえられ、居合わせた四日市南警察署警察官に引き渡された後に死亡した。男性の死因は「高度のストレスによる高血圧心不全不整脈」と発表された。三重県警察は翌18日、被疑者死亡のまま男性を書類送検した。

三重県警察は2005年、店員や買い物客が男性を制圧している間に現場から立ち去った女性の防犯カメラ映像を公開した。県警は女性が犯罪に関与したと断定できないとしており、容疑事実を特定できないまま関係者の画像を公開することはグリコ・森永事件におけるキツネ目の男以来の異例の措置である[1]

2011年5月、津地方検察庁は、男性の無実を認めて被疑者補償として1日分の最高額である12,500円を遺族に支払うと通知した[2]

2011年9月、名古屋高等裁判所において、三重県に対して約3,644万円の賠償判決が下された。詳細は次項。

民事訴訟[編集]

2007年、男性の遺族が、警察官の度を超えた対応により男性が死亡したとして、三重県を相手取り、約5,700万円の損害賠償訴訟を起こした。この訴訟に対し、三重県側は、対応は適切だったとして争う姿勢を示した。

2010年11月18日、津地方裁判所にて、原告の訴えを一部認め、880万円の支払いを命じる判決を出した。判決で、裁判長堀内照美は、「制圧行為は必要かつ相当な限度を超え、違法」として制圧行為の違法性を認めたが、死亡との因果関係は認めなかった[3]。遺族側は27日、控訴

2011年9月、名古屋高等裁判所での控訴審判決で、死亡との因果関係を認めなかった一審判決を変更し、三重県に対し約3,644万円の支払いを命じた[4]。三重県が上告を断念し判決が確定した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]