四天王寺八角亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四天王寺八角亭
Shitennoj honbo garden04s3200.jpg
極楽の池から臨む四天王寺八角亭
情報
旧名称 旧内国勧業博覧会小奏楽堂[1]
用途 あずまや
旧用途 内国勧業博覧会のパビリオン
設計者 久留正道[1]
施工 大林組[2]
構造形式 木造平屋建,瓦葺
建築面積 21m2[1]
階数 1階
竣工 1903年明治36年)
所在地 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
座標 北緯34度39分19.55秒 東経135度31分5.35秒 / 北緯34.6554306度 東経135.5181528度 / 34.6554306; 135.5181528座標: 北緯34度39分19.55秒 東経135度31分5.35秒 / 北緯34.6554306度 東経135.5181528度 / 34.6554306; 135.5181528
文化財指定 国の登録有形文化財に登録
指定日 1997年平成9年)7月15日登録
テンプレートを表示

四天王寺 八角亭(してんのうじ はっかくてい)は大阪市天王寺区四天王寺本坊庭園内にある洋風建築あずまや)である。

概要[ソースを編集]

1903年(明治36年)に大阪府で第5回内国勧業博覧会が開かれ、その時に小奏楽堂としてパビリオンで使用されていた洋風建築物だった。ルネサンス様式の平面八角形の建物で、庇柱は吹き放ちとし、にはバージボードと呼ばれる装飾が施してあり[3]、窓には色ガラスを嵌めている。母屋柱はコリント式の柱頭飾を付け、モールディングの廻り縁を巡らしている。博覧会終了後、現在地に移築された。1997年(平成9年)7月15日には、国の登録有形文化財に登録された。

利用情報[ソースを編集]

  • 利用時間 - 8:30~16:00(受付は15:30まで)
  • 所在地 - 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
  • 入館料 - 大人(高校生以上)300円、小・中学生200円。小学生未満無料。
  • 休館日 - 無休(四天王寺での法要の際、休園の場合有。庭園休園日〔要問い合わせ〕除く)

交通アクセス[ソースを編集]

周辺情報[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]