嚶鳴雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

嚶鳴雑誌(おうめいざっし)とは、明治時代に出された嚶鳴社の機関誌。

概要[編集]

1879年10月25日、嚶鳴社を主宰していた沼間守一らが、「嚶鳴社の社員の意見を世に公にする手段」として創刊した。前期は末広鉄腸、後期は島田三郎が編集・校閲の中心となり、会員だけでなく自由民権運動を支持する人々からの記事・論文を掲載し、欧米の政治・経済思想や自由主義の普及のための意見・評論、嚶鳴社員の演説筆記など活動報告などが載せられていた。

発行は不定期であったが、後に旬刊となる(一時期は月5回出された時期もあった)。嚶鳴社解散後の1883年5月10日與論社東京輿論新誌と合併するために75号で終刊となる。

参考文献[編集]

  • 山本武利「嚶鳴雑誌」(『日本史大事典 1』(平凡社、1992年) ISBN 978-4-582-13101-7
  • 安在邦夫「嚶鳴雑誌」(『日本歴史大事典 1』(小学館、2001年) ISBN 978-4-095-23001-6