喜入季久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
喜入季久
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文元年(1532年
死没 天正16年7月14日1588年9月4日
改名 島津忠賢→喜入季久
別名 三郎四郎(通称)、式部大夫、摂津守(受領名)、休宅(入道名)
戒名 昌円季久庵主
主君 島津貴久義久
氏族 喜入氏
父母 父:島津忠俊、母:樺山広久の娘
兄弟 季久忠道久続
佐多忠将の娘
久道義岡久延久親忠続
テンプレートを表示

喜入 季久(きいれ すえひさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将島津氏の家臣。島津氏庶流喜入氏の5代当主。軍事に長け、華道連歌にも通じる教養人でもあった。

生涯[編集]

天文元年(1532年)、島津忠俊の子として誕生。初名は島津忠賢

主君・島津貴久の命により所領である薩摩国喜入の地名から取り、喜入季久と改めた。貴久の元では帖佐合戦、横川合戦などで軍功を上げた。

永禄12年(1569年)に貴久の跡を継いだ義久家老となり、元亀元年(1570年)にはその使者として室町幕府15代将軍足利義昭に謁見するなど交渉役としても重用された。この頃に菱刈郡花北村を領する。 天正2年(1574年)、前年に島津氏についた禰寝重長根占城肝付氏伊地知氏伊東氏の連合軍に攻められるとその守将となり、弟の忠道久続の討ち死にはあったもののこれを守り抜いた。

その後も高原城合戦や水俣攻め、岩屋城攻めにも従軍、功績により鹿籠(枕崎市)の地を与えられて山之城を居城とした。

天正16年(1588年)、死去。享年57。