和其奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

和其奴(わ きど、生年不詳 - 469年)は、北魏政治家軍人本貫代郡

経歴[編集]

はじめ三郎となり、羽林中郎に転じた。東陽子の爵位を受け、奮武将軍の位を受けた。文成帝の初年、尚書となり、散騎常侍の位を加えられ、爵位は平昌公に進んだ。安南将軍の位を受け、尚書左僕射に転じた。河東王閭毗や太宰の常英らとともに平尚書事をつとめた。465年和平6年)、司空に転じ、侍中の位を加えられた。文成帝が死去すると、乙渾が林金閭とともに尚書の楊保年らを殺害した。殿中尚書の拓跋郁が殿中宿衛の士を率いて乙渾に迫ると、乙渾は罪を林金閭に着せて、林金閭を拓跋郁に引き渡した。このとき其奴は林金閭の罪に連座して、定州刺史に左遷された。467年皇興元年)、長安で東平王拓跋道符が反乱を起こすと、其奴は征西大将軍となり、宮中の精鋭1万騎を率いて討伐にむかったが、到着しないうちに拓跋道符が敗北したため、引き返した。469年(皇興3年)、死去した。平昌王に追封された。は宣といった。

子の和天受が爵位を嗣ぎ、弩庫曹下大夫となった。

伝記資料[編集]