呂温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

呂 温(りょ おん、772年 - 811年)は、中国詩人は和叔、または化光。蒲州河東県の出身。著書に『呂衡州集』がある。

略歴[編集]

貞元14年(798年)の進士韋執誼王叔文と親しく、左拾遺に抜擢された。貞元末年に侍御史として吐蕃チベット)へ使者に立ったが、吐蕃では抑留して返さず、その間に順宗が即位し、王叔文の一党が時めいたので、呂温は不運を悲しんでいた。しかし元和元年(806年)に帰国してみると、王叔文の一党は追放されており、呂温は災難を逃れたばかりか、左拾遺に任ぜられ、戸部員外郎に進んだ。しかし宰相の李吉甫に憎まれ、友人の竇群の罪に連座して均州に流され、さらに道州衡州に移された末、配所で死んだ。

出典[編集]