向宣政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

向 宣政(むかい のぶまさ、永禄3年(1560年) - 元和4年4月25日1618年6月17日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将出羽久保田藩家老家格宿老廻座である向氏(のちに小鷹狩《小鷹垨》氏に改姓)の祖。通称は右近大夫。弟は向俊政(庄兵衛)。子女は向政次向重政など2男2女。妻は姉小路頼綱の娘。[1]

生涯[編集]

永禄3年(1560年)、誕生。飛騨国姉小路氏三家(古川氏小島氏向氏)氏族の向氏一族と思われる。[2]

はじめ飛騨国小鷹利城に住し、父である姉小路高綱の死後に城主となり、家督を継承して姉小路宣政と名乗ったとされる(持城に向小島城)。

しかし、幼少であったため、後見役の牛丸重親牛丸氏)が城を乗っ取ろうと企て、それから逃れるべく家臣の後藤重元(帯刀)によって脱出。[3][4]

天正年間中に、飛騨国から母の故郷である母国常陸国戦国大名佐竹義宣に仕官する。[5]なお、弟の俊政も300石で仕官する。

関ヶ原の戦いの後に主君・義宣が出羽久保田藩へ転封となると、これに追随し横手城の城代となって2000石を知行する。

慶長8年(1603年)に久保田城下士の指南を命じられ、後に家老となる。[6]

元和4年(1618年)、死去。

別説[編集]

宣政は、三木真頼(みつき)の次男で、最初は小鷹狩政宗と名乗ったという。小牧・長久手の戦いでは徳川家康側についたため、豊臣秀吉の命を受けた金森長近に滅ぼされた。浪人となり、後に佐竹氏に仕官したという。

逸話[編集]

子孫[編集]

宣政の長男・政次(清兵衛)は佐竹一族・石塚義辰(よしとき)の三女を娶ったが、父に先立って死去し、次男の重政が家督を継いだ。以後は廣政 - 守秋(庄九郎)と続き、飛騨姉小路氏一族の血脈を唯一保った。

宣政の弟・俊政は分家を起こしたが、一代で無嗣断絶となる。

向家(小鷹狩家)は幕末までに6人の家老を輩出し、家中屈指の名家となる。幕末に小鷹狩源太がいる。

なお、現在横手在住の迎氏は、向氏の別家である。

資料[編集]

「出羽国向氏系譜参考伝、(中略)小鷹利飛騨守後改 向右近大夫 永禄三年飛州生、 三木大和守源自綱女」[9]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 三浦賢童編『秋田武鑑 全』(無明堂出版、1981年、原著者は「久保田家中分限帳」の著者)
  • 『秋田県史 第1冊 藩治部』秋田県
  • 『横手郷土史』
  • 土居輝雄『佐竹史探訪』秋田魁新報社、1998年
  • 秋田公文書発行の系図目録1

脚注[編集]

  1. ^ 飛州志備考
  2. ^ 「詳細は『秋田武鑑』では不明とされている」
  3. ^ 飛彈略記
  4. ^ 「牛丸氏は姉小路向氏へ過去に謀反を行った事により、八日町の戦い後、姉小路頼綱(三木姉小路氏(古川姉小路氏継承)・小島姉小路氏)により牛丸氏は追討され、飛騨国から追放された。」
  5. ^ 「天正年間で佐竹氏に任官した時期において姉小路頼綱の次女が正室として嫁いだ可能性が高い」
  6. ^ 飛彈編年史要
  7. ^ 「御指紙」
  8. ^ 「樋口村よし田村之内にて新開可仕候由相心得候 本田さはりに成候はぬ處を可相開候 開次第に可致披露 加増に可被下置由 御意にて候 仍て如件 元和元年九月十五日   向右近」
  9. ^ 「飛騨国国司姉小路頼綱の次女が向宣政の正室となったとの資料である」

外部リンク[編集]