姉小路高綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
姉小路高綱
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正4年(1576年
官位 飛騨国司
氏族 姉小路家向小島氏または飛騨古川氏
父母 父:姉小路済継
兄弟 済俊高綱
向宣政
特記
事項
田向重継と同一人物という説有り
テンプレートを表示

姉小路 高綱(あねがこうじ たかつな)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士飛騨国小鷹利城主。姉小路済継の次男・田向重継と同一人物という説がある。

生涯[編集]

飛騨の乱により分裂した向小島氏の家系であり、飛騨百足城を築城したとされるが詳細は分かっていない。

姉小路家を取り巻く環境から天正4年(1576年)に没したとする説が有力だが享禄3年(1530年)以降は史上から抹殺されるなど未だに不可解な点が多い。家督を継承したという記録もないが、一説によれば兄・済俊の死後に姉小路家(古川氏)を継いだとされる田向重継と高綱は同一人物とするものもあり[1]、これが正しければ、高綱が姉小路家を継承した事になる。関連して、姉小路氏の一族とされ、高綱死去後に小鷹利城主となり、後に常陸国(のち秋田藩)の佐竹義宣に仕え家老にまでなった向宣政は、実は高綱の子ではないかとするものもあるが詳細は不明。

なお、重継については済俊の死後、姉小路家を継承したが、弘治2年(1556年)に三木良頼によって滅ぼされたという記録が残る。

脚注[編集]

  1. ^ 元禄13年(1700年)に小鷹利姉小路の子孫と称する秋田藩士・向右近が藩に提出した系図では、そのように主張されている。