向井正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
向井 正
(むかい ただし)
生誕 1945年5月??
日本の旗 日本 大阪府大阪市住吉区
研究分野 天文学惑星科学
研究機関 金沢工業大学
神戸大学
出身校 京都大学
プロジェクト:人物伝

向井 正(むかい ただし、1945年5月 - )は、日本の天文学者惑星科学者神戸大学名誉教授。日本惑星科学会前会長。21世紀COEプログラム「惑星系の起源と進化」拠点リーダー。京都情報大学院大学教授。

人物[編集]

大阪府大阪市住吉区出身。大阪府立住吉高等学校を経て京都大学理学部物理学科卒業、同大学院修了。

光散乱の理論を用いた天文学的観測や探査機測定によって、惑星間塵の空間構造とその起源を研究している。また、探査機はやぶさに搭載するためのレーザー高度計を開発し、小惑星イトカワの内部に無数の空洞があることの発見に繋げたり、散乱円盤天体の分布から惑星Xの存在を仮定してその予想軌道を計算したりといった業績がある。

小惑星 (10146) 向井正は彼に因んで命名された。

略歴[編集]

  • 1968年 - 京都大学理学部物理学科を卒業。
  • 1970年 - 同大学院修士課程を修了。
  • 1974年 - 同大学院博士課程を修了。京都大学より理学博士号を取得。「On the circumsolar grain materials(太陽近傍の固体微粒子について)」。
  • 1975年 - 金沢工業大学助教授に就任。
  • 1977年 - 金沢工業大学教授に就任。
  • 1990年 - 神戸大学教授に就任。
  • 2004年 - 日本惑星科学会会長に就任。
  • 2009年 - 定年退官。
  • 2009年 - 京都コンピュータ学院 教授に就任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『小惑星がやってくる』(岩波書店 1994年)

共著[編集]

  • 『現代天文学講座 第3巻 太陽系の構造と起源』(恒星社厚生閣 1979年)
  • 『現代の数理科学シリーズ3 彗星と星間物質』(地人書館 1982年)
  • 『地人選書5 反射屈折回折散乱』(地人書館 1984年)
  • 『彗星-その本性と起源』(朝倉書店 1989年)
  • 『Physical Processes on Interplanetary Dust』(Springer 2001年)
  • 『形の科学百科事典』(朝倉書店 2004年)
  • 『太陽系に未知の「惑星X」が存在する!』講談社+α新書(講談社 2008年)

関連項目[編集]