吉祥寺女性刺殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉祥寺女性刺殺事件(きちじょうじじょせいしさつじけん)とは、2013年2月28日に発生した強盗殺人事件。

概要[編集]

2013年2月28日午前1時50分頃、東京都武蔵野市吉祥寺の路上で帰宅途中のアルバイト女性(当時22歳)が少年2人に襲われ、背後から刃物で刺されて財布などを奪われる事件が発生した。被害女性は病院に搬送されたが、背中の傷2か所のうち1か所はにまで達しており、ほぼ即死であった。被害女性は青森県の高校を卒業した後は埼玉県に住む姉と同居して東京都の美容専門学校に通いながら美容師国家試験に合格しており、美容師として美容関係の仕事が決まったことをきっかけに一人暮らしをするため、2013年1月に吉祥寺へ引っ越してきたばかりであった。

少年2人は犯行直後に殺害現場近くのコンビニエンスストアで被害女性のキャッシュカードから現金を引き出そうとするも失敗した[1]うえ、路上で警察官から職務質問を受けて逃走した。この殺害現場近くの路上で逃走する少年2人と追跡する警察官を撮影した防犯カメラの映像は、報道機関に公開・報道されている。当日朝になり、ルーマニア国籍の少年(当時17歳)は他人名義の銀行通帳を所持していた占有離脱物横領罪容疑で逮捕され、翌3月1日には強盗殺人罪容疑で再逮捕された[1]。もう1人の日本国籍の少年(当時18歳)は当日こそ身柄を拘束されなかったものの、防犯カメラを解析した結果、駅から電車を乗り継いで立川方面に向かっていたことが判明した[2]。日本国籍の少年は3月2日夜に出頭し、翌3月3日に強盗殺人罪容疑で逮捕された[3]

3月21日に東京地検立川支部は少年2人を東京家裁立川支部に送致し[4]4月17日に東京家裁は検察官を送致した[5]4月26日に東京地検立川支部は少年2人を強盗殺人罪で起訴した[6]

少年2人は家出を繰り返し、不良行為を行う過程において共通の家出先としてアパートの部屋に入り浸っていた。そこにいた人物を介する形で2月上旬に知り合った少年2人は行動を共にすることが多くなり、ゲームセンターで遊ぶ金欲しさに強盗を計画すると、事件前日に国立市スーパーマーケットで刃物を2本調達し、簡単に金を取るためには脅すよりも刺す方が有効と考え、真夜中に1人で歩いている人を狙い、たまたま通った被害女性を後ろから刺して財布などを奪った。少年は「犯行後に逃げる途中で刃物を捨てた」と供述し、捜索によって殺害現場近くのマンション敷地内で刃物2本が発見された。

2014年1月から3月にかけて東京地裁で裁判員裁判が開かれた。少年2人は殺意を否認したが、東京地裁は強盗殺人罪を認定し、求刑通り無期懲役判決を言い渡した[7]。その後、少年2人は控訴したが棄却され、無期懲役が確定した。

週刊新潮による実名報道[編集]

少年2人は当時未成年だったゆえに少年法に基づき匿名報道となったが、週刊新潮は彼らの顔写真と実名を掲載し、生い立ちなどを報道した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b 外国籍少年を強盗殺人容疑で再逮捕 東京・吉祥寺の女性刺殺 日本経済新聞 2013年3月1日
  2. ^ 吉祥寺女性刺殺、別の少年は都西部へ逃走か 読売新聞 2013年3月2日(2013年3月5日時点でのアーカイブ)
  3. ^ 出頭した日本人少年を逮捕 吉祥寺の女性強殺容疑 共同通信 2013年3月3日
  4. ^ 少年2人を家裁送致 東京・吉祥寺の強盗殺人容疑 共同通信 2013年3月21日
  5. ^ 強殺容疑の2少年、検察官送致 吉祥寺の事件で東京家裁 共同通信 2013年4月17日
  6. ^ 吉祥寺女性刺殺、少年2人を起訴 日本経済新聞 2013年4月27日
  7. ^ ルーマニア人少年に無期懲役 東京・吉祥寺の女性強盗殺人 共同通信 2013年3月4日
  8. ^ 吉祥寺殺害で少年の顔写真掲載 実名とともに週刊新潮 共同通信 2013年3月7日

関連項目[編集]