吉田正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田正俊

吉田 正俊(よしだ まさとし、1902年4月30日 - 1993年6月23日)は、歌人実業家

福井県出身。福井中学校(現福井県立藤島高等学校)、東京帝国大学法学部卒業。石川島造船所自動車部門に入社し、のちにいすゞ自動車専務を務めた。1925年アララギ」に入会、土屋文明に師事し、のち選者、発行人。1976年『流るる雲』で第27回読売文学賞1988年『朝の霧』で第23回迢空賞受賞。1993年歌会始召人。

著書[編集]

  • 『天沼 歌集』墨水書房 アララギ叢書 1941年 のち短歌新聞社文庫
  • 『黄茋集 歌集』白玉書房 1952年
  • 『くさぐさの歌』白玉書房 アララギ新集 1964年
  • 『霜ふる土 歌集』白玉書房 1970年
  • 『流るる雲 歌集』白玉書房 1975年
  • 『草の露 吉田正俊歌集』九州点字出版所 1976年10月
  • 『朝の霧 歌集』石川書房 1987年6月
  • 『過ぎゆく日々 歌集』吉田ハル編 石川書房 1994年6月
  • 『吉田正俊全歌集』吉田ハル編 石川書房 1995年6月

参考[編集]